ヘッドライン

東証: 一時250円超安 トランプ氏演説に失望感

 週明け23日の東京株式市場は、20日のトランプ米大統領の就任演説で具体的な経済政策が示されなかったことへの失望感などを受けて、日経平均株価は反落。前週末終値比の下げ幅は一時250円を超え、取引時間中として2営業日ぶりに1万9000円を下回った。午前終値は、前週末終値比203円34銭安の1万8934円57銭だった。

[ 記事全文]


経済

ホーム>毎日jp>経済