ヘッドライン

トヨタ: ベアゼロを示唆 春闘で第1回労使交渉

 トヨタ自動車の労使は22日、今春闘の第1回交渉を愛知県豊田市の本社で行った。ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分を月額3000円、定期昇給に当たる賃金制度維持分を7300円とする組合側の要求に対し、経営側は「まだ維持分を超える引き上げを行う要素は見当たらない」(上田達郎常務役員)と述べ、ベアゼロを示唆した。円高の進行やトランプ米大統領の通商政策など、経営環境の先行きが見通しにくいとする経営側に対し、組合側は難しい交渉を迫られそうだ。

[ 記事全文]


経済

ホーム>毎日jp>経済