JAL: 1人乗りEVを業界初の導入 羽田空港国際線

JALが整備連絡用に導入した1人乗りEV「COMS」=東京都大田区の羽田空港で2017年2月17日、米田堅持撮影

 日本航空(JAL)グループの航空機整備を担っているJALエンジニアリングは17日、羽田空港(東京都大田区)の国際線エリアに1人乗りの小型電気自動車(EV)を導入した。1人乗りEVを使用するのは航空業界では初めてとなる。

 導入されたのはトヨタ車体の「COMS」で、全長2.395メートル、全幅1.095メートル、車両重量410キロ。充電時間は家庭用の100ボルトで6時間、市街地で約50キロ走行することができる。狭い場所でも駐車が可能で、車庫証明や車検も不要なことから、コンビニエンスストアの宅配や訪問介護、カーシェアリングなどで5000台以上が使われている。

 JALエンジニアリングはこれまで、連絡用に商用バンタイプの車両を使用してきた。連絡に1人で移動するには二輪車が便利だが、空港では転倒の恐れのある車両は規則で使用できない。しかし、羽田空港の駐車場エリアが縮小され、不足したことから、小型車両の導入を模索。1日の走行距離が20キロ程度で、新たな充電設備を設置する必要がない「COMS」を3台導入することになった。

 JALエンジニアリングは「初めてのケースだったため、空港内で使用するための許可の取得に時間がかかった。これまでの車両よりも運用コストが安いだけでなく、排出ガスを出さないEVを使用することで環境にも配慮していきたい」と話している。【米田堅持】

2017年02月17日 13時50分

2017 毎日新聞社 ALL Rights Reserved.

ホーム>毎日jp>経済> JAL:1人乗りEVを業界初の導入 羽田空港国際線