中国: 核禁止交渉せず 条約締結「段階的に推進」

 【北京・河津啓介】中国外務省は20日、米ニューヨークの国連本部で27日に始まる核兵器禁止条約の締結交渉に参加しないと表明した。外務省の華春瑩(か・しゅんえい)・副報道局長が20日の定例記者会見で「核軍縮の実現は一挙に成し遂げられるものではなく、世界戦略の安定と各国の安全を損なわないことを必ず順守し、段階的に推進していくものである」と不参加理由を説明した。

 締結交渉の開始が決議された昨年の国連総会で、日本は決議案に反発する米露など核保有国と並んで反対票を投じ、中国は棄権していた。

2017年03月20日 23時35分

2017 毎日新聞社 ALL Rights Reserved.

ホーム>毎日jp>国際> 中国:核禁止交渉せず 条約締結「段階的に推進」