北九州・女性殺害: 36歳娘を母親「殺した」

 20日午後6時45分、北九州市八幡西区則松6のアパートの1階の一室から「娘を殺した」と110番があった。警察官が駆けつけると、この部屋に住む職業不詳、木野千秋さん(36)が死亡していた。県警は殺人容疑で同居している60代の母親から事情を聴いており、容疑が固まり次第逮捕する。

 県警によると、木野さんは室内に倒れており、首に絞められた痕があった。母親は「娘と2人暮らしだった。娘は重度の知的障害があり介護が必要だったが、相談する相手がおらず、思い詰めて殺してしまった」と話しているという。

 現場はJR折尾駅(八幡西区)の南東約1キロにある住宅街の一角。【浅野翔太郎】

2017年03月20日 23時57分

2017 毎日新聞社 ALL Rights Reserved.

ホーム>毎日jp>社会> 北九州・女性殺害:36歳娘を母親「殺した」