ヘッドライン

共謀罪: 自公に温度差…審議優先順位巡り

 自民党は29日の公明党との幹事長・国対委員長会談で、「共謀罪」の成立要件を絞った「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、4月6日の審議入りを提案した。公明党は刑法改正案などを優先すべきだと難色を示し、結論は先送りされた。後半国会の焦点となる重要法案の「入り口」から両党の温度差が目立っている。【高橋克哉】

[ 記事全文]


政治

ホーム>毎日jp>政治