ヘッドライン

稀勢の里: 「再びVを」 初優勝一夜明け、綱へ責任感

千秋楽から一夜明けた記者会見で、笑顔を見せる稀勢の里=東京都江戸川区で2017年1月23日午前9時36分、北山夏帆撮影

 大相撲初場所を14勝1敗で初優勝し、横綱昇進を確実にした大関・稀勢の里(30)=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が千秋楽から一夜明けた23日午前、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で記者会見した。15歳で角界入りし、15年かけての悲願達成に「ようやく手にしたものですけど、またもう1回優勝できるように頑張っていきたい」と引き締まった表情で話した。初めて抱いた賜杯は「いい重みというか、何ともいえないものでした」と振り返った。昇進が確実となっている横綱については「負けたら終わり。責任ある地位だと思う」と語った。

[ 記事全文]


スポーツ

ホーム>毎日jp>スポーツ