選抜高校野球: 中村の岡上「いい魔物」 40年ぶり得点に

九回表中村2死三塁、岡上が右前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2017年3月20日、宮間俊樹撮影

 ○前橋育英(群馬)5−1中村(高知)●

 二塁手の捕球を嫌がるかのように打球は急にイレギュラーし、外野の芝へ転がっていった。九回2死三塁からの右前打はチームにとって40年ぶりの得点。「甲子園には本当に魔物がいるんだなと思った。いい魔物だった」と笑った。

 1死から4番・一円が二塁打を放った。一塁側アルプススタンドの盛り上がりをネクストバッターズサークルで感じていた。だが、2死後に打席へ入ると、「あまり声援は聞こえなかった」。緊張はない。集中していた。前の打席で打ち上げた反省を踏まえ、たたくことを心がけた先に「奇跡」が起きた。

 守備範囲が広く、外野のリーダー。だが、打つ方は昨秋の公式戦の打率1割5分の数字で、推して知るべし。「ボールに合わせて体勢を崩して打ってしまう」と、冬場は1日800回の素振りをして、どんな状況でも自分のスイングができるように体に覚えさせた。

 好きな言葉は「不撓(ふとう)不屈」。40年前の快進撃は起こせなかったが、少人数チームの意地は見せられた。【安田光高】

2017年03月20日 20時01分

2017 毎日新聞社 ALL Rights Reserved.

ホーム>毎日jp>スポーツ> 選抜高校野球:中村の岡上「いい魔物」 40年ぶり得点に